「ドローンの研修や整備、お手伝いします」、ミライトが全国展開

ミライト・テクノロジーズ(大阪市)は、ドローン(無人航空機)事業者に向けた運用サービスを全国規模で開始する。
第一弾として、スマートコンストラクションを展開するコマツとの提携を4月18日に発表。
コマツが5月から新たに提供するサービス「EverydayDrone」の運用において、ミライト・テクノロジーズはドローン利用者への研修や、機体の運航代行、整備を手掛ける。

近年、ドローンを活用したビジネスが、測量や工事、農業、災害復旧など様々な分野で拡大している。広域に展開するには、拠点や操縦者の確保、機体や関連システムのメンテナンスといった運用体制が課題だ。事業ごとに整備するには膨大な資金と時間がかかる。

 ミライト・テクノロジーズは2017年10月に、ドローン事業部を発足。操縦者の育成などのサービスを開始した。18年3月までの5カ月間で、189人がJUIDA(日本UAS産業振興協議会)認定の操縦者資格を取得。18年度内に取得者300人を目標に掲げる。

 こういった自社の保有するリソースに加え、全国各地の通信インフラの整備を専門とする建設会社を中心とした「パートナー企業」と協業することで、各県に拠点と操縦者を配備する。ドローン導入時の研修や機体の提供と整備、運航代行を国内のあらゆる場所で実施する方針だ。

 操縦者の研修施設は埼玉県熊谷市と神戸市の2カ所。各施設で座学と実技の両方を受講できる。 02.jpg

この記事へのコメント

スポンサーリンク