桜島での海底調査によりマグマの存在を確認 海上保安庁

大きな噴火の可能性も言及される鹿児島県の桜島の火山活動の状態を確かめるため、海上保安庁が鹿児島湾で海底の調査を行ないました。  この調査は、火山噴火予知連絡会の取り組みの一つとして海上保安庁が複数年ごとに行っています。18日は、海上保安庁の観測船「海洋」が調査に当たり、船底の機材から発した音波の跳ね返りに据えて海底の地形などを調査をしました。 このうち、深さおおよそ200メールの海底では、地…

続きを読む

スポンサーリンク