修復作業進む熊本城=地震から2年、ドローンで撮影

熊本地震の前震発生から14日で2年。復興のシンボルとして急ピッチで修復作業が進む熊本城を8日、ドローン(小型無人機)で撮影した。大天守の屋根には約7200枚の瓦としゃちほこが新調され、日差しを受け輝いている。 出典:JIJI.com 修復作業進む熊本城=地震から2年、ドローンで撮影

続きを読む

五稜郭公園でドローン後絶たず 無許可30件 看板で禁止呼び掛け

函館市が管理する公園内で、使用が原則禁止されている小型無人航空機「ドローン」を使う人が後を絶たない。大半は五稜郭公園での使用で、昨年度は分かっているだけで30件近くに上った。雪が解けて、市内の各公園を訪れる人が増えることから、市は看板を設置し、ドローンを公園内で使用しないよう呼び掛けている。  航空法では、ドローンなど無人航空機の「人口集中地区」での使用を禁止している。市も、ドローンが墜落…

続きを読む

大分県がドローン開発拠点設置 産業育成や雇用創出

大分県は、小型無人機ドローンを開発する「先端技術イノベーションラボ」を、大分市の県産業科学技術センター内に開いた。県によると、西日本唯一のドローン開発拠点で、設備は世界最高水準という。施設を利用する企業を増やし、ドローン産業の育成や、雇用創出につなげる。  施設の総面積は計約5600平方メートル。ドローンやロボットに用いる高効率のモーター開発に欠かせない磁気測定設備「磁気シールドルーム」を…

続きを読む

グーグル社員3千名、CEOに抗議「ドローンの軍事利用やめろ」

グーグルがドローンの画像認識技術を用いた軍事テクノロジーの開発を行っていることに対し、数千名の社員らが反発の声をあげている。 「ニューヨーク・タイムズ(NYT)」の報道によると、社員らはグーグルCEOのサンダー・ピチャイを非難する共同声明をまとめ、既に3100名以上が署名したという。グーグルは「Project Maven」と呼ばれるプロジェクトで、軍事用ドローン向けのソフトウェア開発を行…

続きを読む

スポンサーリンク